しょぼしょぼプログラマ雑記

自分のための備忘録。 開発記録など掲載してます。 質問・ご意見・ご感想等はTwitter ( https://twitter.com/yun_hokuto ) までお気軽にどうぞ。

Xcode6で使うシミュレータの場所

Xcode6で開発しているとき、シミュレータの場所が変わっています

Xcode5までを使用していた人にとっては非常に使いづらい場所になっています

●Xocde5

/Users/[User]/Library/Application Support/iPhone Simulator/[OS Ver]/[App]

●Xcode6

/Users/[User]/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/[DeviceID]/data/Containers/Data/Application/[App]

この情報は既に結構出回っていますが、如何せん毎回指定するのがめんどくさい

しかもビルドして実行するたびにAppIDが変わる・・・・

というわけでログ出力させる方法を下記に記載しておきます

NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *directory = [paths objectAtIndex:0];
NSLog(@"%@", directory);

このログを出力すると、アプリのDocumentDirectoryまでのフルパスがコンソールログに出力されます

あとはFinderのメニューから 移動 > フォルダへ移動(Shift + command + G) で移動すれば一瞬で移動出来ます